メルカリでも当然禁止!偽ブランド販売にはご注意。


ブランド品を取り扱うときは、
不用品だとしても仕入れ品だとしてもかなり注意が必要です。

なぜなら。

ブランドのコピー品の販売は 犯 罪 になるからです(இдஇ; )。

知らなかった!じゃすまされない。
ブランド品の偽物販売についてご紹介します。

不用品販売でも鑑定がおススメ

ご自宅に眠っているブランド物のバッグや財布。
メルカリで販売しちゃえー!と、
気軽に販売をした経験のある方も多いと思います。

 

ご経験者のみなさん。

その時鑑定はされましたでしょうか???

 

ご自身が正規取扱店で購入されたとはっきり覚えている場合、
そういったときは、鑑定など必要ないじゃないかと思われる方も多いです。

しかし、購入者にとっては鑑定があるかないかでかなり安心度が違いますし
中には、鑑定をしていないのをいいことに、
「偽物を販売されました」と因縁をつけてこられる悪質な購入者もいます。
(滅多にいませんが…)

 

こういった場合、
実際に調べてもらえば本物か偽物かは判断がつくので、
自分が犯罪者になってしまうことはありませんが、
仮に「偽物を買わされました」と購入者からメルカリ事務局に通報があった場合
虚偽の通報であっても自分のアカウントが凍結してしまう恐れがあります。

出品を今から頑張ろうと思っている矢先にこんなことになったら
目も当てられませんよねಠ_ಠ

 

鑑定というひと手間かかりますが、
これで自分の身やアカウントを守れるとおもったら、
やっておいたほうが断然良いです。

コピー品の販売は絶対にNG!○○風や酷似した柄にも注意

仕入れ販売をしている方は特に注意なのですが、
売れるからと言ってコピー品を販売するのは絶っっっっ対にダメです。

冒頭でも述べた通り、犯罪になるからです。

 

ブランドには、柄にも商標登録をしているものもあって、
そのブランドの柄によく似た柄を使用してある商品などもNGです。
これらは、商標権の侵害に値するので、確実に販売者が悪いとみなされます。
仮に知らなかったとしても、販売者が責任を負わなければならないのです。

 

怖いですよね・・・・。

 

他の人も売っているから私も売ってもいいんだ、、
という安易な考えは命取り˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚

 

メルカリではないですが、Amazonでアパレルの転売をしている人が、
バーバリーのチェック柄によく似た柄が一部入っている服を売ろうとしたら
アカウント停止になってしまったそうです。

どういった売り方をしていたのかはわかりませんが、
売る場所を貸している側も法律に引っかかるようなものを売ってほしくないのは当然です。

取り締まりが強化されるのは当たり前ですよね。

 

アカウント停止で済めばまだいいほうですが、
本当に逮捕されてしまったら洒落になりませんので、
偽物とわかって販売することだけは絶対絶対避けてください(。>﹏<。)

ちなみに
「○○風」という表記もダメだそうなので、お気を付けくださいね( ∩ˇωˇ∩)

私は幸い、ブランド品といえるものを持っていないので、
不用品販売時代からこういうトラブルには無縁でしたが、
周りからは結構聞いてきました。

 

みなさんもお手持ちのブランドものを売る時や、仕入れを始めようと思っている方は
今回の記事の内容をよくよく思い返してみてください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


杉田梨菜公式メールマガジン 登録はこちら

プロフィール

杉田 梨菜

名前:杉田 梨菜(すぎた りな)
好きなこと:猫、写真
出身地:広島県安芸郡
性別:女性


メルカリで不用品販売から始め、輸入ビジネスに挑戦した結果、お給料以上の収入を手にすることができ、ネットビジネスに可能性を感じる。

現在は、日本各地にコンサル生を抱え、フリマアプリスクールを運営している。 子育てをしながらでも、お勤めに行けない理由があっても、自力で稼ぐことができるということを伝えている。

メルカリ取引件数は3000以上を超え、2016年は月商100万円を達成。その後は売上50万円以上を安定させています。

都内の大手出版社と、『スマホでラクラク稼ぐ! メルカリで得する コレだけ!技』(技術評論社)の監修書籍が出版。 セミナー依頼や出版依頼も増え、メルカリを中心としたフリマアプリで、月収20万以上を在宅で稼ぐ主婦を多数輩出することにも成功。

メルカリや中国輸入ビジネスでお悩みの方や記事に何かコメントがあれば、お気軽にお願いします。

お問い合わせ

メルカリ初級セミナー、物販スクール、コンサルティング、撮影のご依頼についてご不明な点がありましたら、お気軽にLINEやお問い合わせフォームからご相談ください。



友だち追加数

スポンサードリンク

PAGE TOP

LINEでお問い合わせ